さて、ついにソロ・ワークに入る。ここではスケールがどうのではなく、コード的なアプローチ、つまりコード・トーンを使ったソロを説明していく。フレーズ3は1、2弦を使ったフレーズだが1拍ごとにトライアド(3和音)になっている。