ここで、ダイアグラム上で視覚的に見てみよう。7つのコードがどのように配列されているか分かるだろう。この形をルート(この場合はE音)を基準に覚えればどのKeyにも対応できる。